今年もあとわずかと・・・何十回と言ってきたことか。
1年は、当たり前に来て、当たり前に終わる。

365日の生き方が、人それぞれにある。
ああだ、こうだと言われることはなく、言うこともない。
365日、自分自身がどう生きてきたかが大事なわけだが
なかなか思う様にはならないのが常ではある。

1年間 幼子と論語日めくりをした。
【子貢、友を問う。子曰わく、忠もて告げて
善もて之を導く」→友達が事をしていたら、
やめるように話をすることが大事、これを【忠告】という。
正しい方向に導くのが本当に友達である。

【人、遠き慮り無ければ、必ず近き憂い有り】
将来の事を考えて、計画的に進む

【事に敏にして、言に慎む】
行動はすぐに、言葉は慎重に。

【子曰わく、故きを温ねて、新しきを知る】
昔のことも、新しいことも学ぶ

【子日わく、己に克ちて礼に復るを仁と為す】
自分に勝つ。欲望が強かったり、めんどくさい。やりたくないなどの
我儘は、人に迷惑をかける。こうした弱く甘い心に
勝って、行動をしよう。
論語 顔淵より。

優しく噛み砕いた言葉で書かれている31個の論語であった。
新しい年には、新しい論語を日めくりしようと思う。
振り返り・繰り返し読み続けていると、自らを回顧することができる。
この1年、病院に通うことなく過ごせたことに感謝。
家族も健康であったことに感謝。
衣食住取るに足りたことを感謝。
多くの人に出会えたことを感謝。
【ありがとう】の言葉を沢山聞けたことに感謝。

そんな一年であった。
関わってくださった方々に、本当に感謝であり
365日、過ごせたことに感謝(2017年 残り22日ではあるが)

投稿メンバー

江本ヒロミ
江本ヒロミHiromi Emoto
神奈川県出身
いつまでもあると思うな親と金。
心も大きく体も大きいが病気は一切無し。心身ともに健康。