にわかに騒がれている【森友学園】問題。
この為に使われている国会・・・。
1日国会が開かれると3億円(?)かかると言われているが、
ああだ・・こうだと追及していくテレビニュースをみていると、
畏れ多くも、国民に選ばれた先生と言われる人々の集団とは思えない。
質疑答弁などと言われるが、
ただの追及のような各々の発言は、確かな裏付けあるようなないような。

ジャーナリストと言われる方々・コメンテーター
メディアの質疑も、なんとおばさん失礼)の立ち話のような。
三面記事的な話ばかりだ。

そういえば、豊洲問題も同じような気がしないでもない。
選ばれた人々が、お互いの足をひっぱりあう。
先人の功績も何もあったものではない。その場主義の発言で
何とも悲しくなる。

悪しきところだけクローズアップし攻め続け
責められる方も、正論ではなく防御に徹する。
おのずと、テレビはOFFとなるわけだ。

この国は、もっと国民の為に正論を戦わせることはできないのだろうか。
未来の子供たちに負債を残せないなどといいつつも
負債はお金だけではなく、悪しき光景を大人が見せつけ
当たり目にして見せつけられる負債は、今後大きな取り返しのつかない
問題になるように思える。

子供たちの多くの問題は、大人にあると言われる。
大人のまねをするのは子供。
見本となる大人が乏しいなか、危険な大人の言動がどんな影響を
未来の子供に与えてしまうかは、先に結論がでるのだろうが。

公人として大人として、未来の子供に負債を残さないと思う気持ちが
あるのであれば、今の今から大人は、未来の子供を見つめて
訂正できる自分を表現したいものだ。

子供たちの屈託のない笑顔は、みなの心を潤してくれる。
そんな笑顔を見るためにも、大人一人一人が良き言動をしたいものだ。

投稿メンバー

江本ヒロミ
江本ヒロミHiromi Emoto
神奈川県出身
いつまでもあると思うな親と金。
心も大きく体も大きいが病気は一切無し。心身ともに健康。