20160609

久しぶりに【せこい】と言う言葉を聞いた。
そうそう、東京都知事 舛添氏の報道でだ。
確かに、素人が聞いていると、あれ隣のおじさんの言動かなと
思ってしまう(失礼ながら)

企業であれ、個人事業主であれ、領収書がない経費は
経費として扱われないでしたね・・・。
国会議員は1万円以上・知事などは5万円以上・・・で領収書添付?
国民に厳しく、政治家にゆるく・・・・法律を決めるのは政治家。
政治家や公務員にまつわる法律が変革できないのは・・・身内に甘い!!
としか言えないような。

【第三者に厳しい目で】に委ねた舛添氏だが、二人の弁護士への
報酬は舛添氏が支払うのだろうか。
そうだとすれば、第三者とはならずであろう。
弁護士の仕事は、【依頼者を守る】のが仕事であるわけだが・・・
この方法が、厳しく調べたことにならないだろうと思うのだ。

440万円の不適切な支出は、返却するとの回答だった。
あれ、民間であれば使い込みは、解雇であったり・左遷であったり厳しい処罰を
受けるが、返却すれば、議員はOK・・・・。
子供たちに説明できますか?

衣食住は政治資金で・・・・なんとせこいと言われても仕方ない。
身銭を切らない人間は、どこにでもいるものだとつくづく思う。
その後の発言は、めめしいばかり。

久しぶりに耳にした【せこい】【めめしい】という言葉。
政治家も、公務員の職を持たれる聖職者も・そして私たち平民も
職責ではなく、人間の持つ根底にあるものが何か。
それが問われているのかもしれない。

政治資金と個人資金
政治資金規正法のあらまし(総務省)

投稿メンバー

江本ヒロミ
江本ヒロミHiromi Emoto
神奈川県出身
いつまでもあると思うな親と金。
心も大きく体も大きいが病気は一切無し。心身ともに健康。