20160329

【時代の流れだな…】なんて言葉を良く聞くことがある。
昨今、子育てに関しての話題が事欠かない

歌手であったアグネスちゃん。覚えている方はいるでしょうか。
(現在は、歌手・タレント・エッセイスト・教育学博士)
子育て最中の20数年前、芸能活動の楽屋に子供を連れてきていたことが
多くの話題になった。
この時は、女性の敵は女性・・などと言われていて
子供を職場に連れてきてなどと、多くの批判を浴びてしまっていた。

ところが、今の芸人さんたちは楽屋で子育てなんて、ありあり・・・。
だれも批判などしない。かえって【偉いな・・】となるのだから
時代の流れは・・・・【なし】の批判から【あり】の褒め言葉に変わるわけだ。
【悪】~【善】あまりにも極端するぎるかもしれないが。

昔を知ることが少ない時代は、今が当たりまえで当然かもしれないが
私のように年齢を重ねている者は、過去を遡ることができる。

昔は保育園に通うというのは下・幼稚園の通うのは上という観念があったような。
今は、保育園・保育園と叫ぶ。
保育園の保育料は幼稚園より高額だった。
今は補助金があり、預かっていただく時間を考慮すれば幼稚園より
保育園の方が保育料は安いのだろう。

何よりも違うのは、保育園に預けていた人々は、家と子育てと仕事という
3本の矢をやり遂げるだけで精一杯。今は・・・・
ランチには女性が溢れて・夕食は子供連れの女性が溢れ・・・
居酒屋では女性達が。
男女平等は、昔と今とでは雲泥の差であるのだろう。
【一億総活躍社会】と国は打ち出している。この意味を逆手に取るのではなく
深く理解して、多くの女性が活躍してほしいと切に願う。
時の流れを読み取れば、【面白くもあり】であろうか。

投稿メンバー

江本ヒロミ
江本ヒロミHiromi Emoto
神奈川県出身
いつまでもあると思うな親と金。
心も大きく体も大きいが病気は一切無し。心身ともに健康。