20150809一足早い夏休みをいただき北海道へ。
暑い!!
ホテルは冷房があり快適であるが、一般家庭では、まだまだ冷房完備は遅れている。
住人たちは、「暑さも一週間だからな…」
夏に帰宅する子供たちも、「冷房を購入したほうが良いよ」と誰もが言うという。
住人の言うとおり、滞在一週間たち、ほーーー。
気温21度。
やっと涼を求めて北上してきた甲斐があった。
とは言え、本州の暑さにくらべれば、暑い暑いと言っていられないな・・と思う。

トマム・富良野・札幌と回り函館へ。
トマム滞在の3日間、アジアのお客様の多いこと。
ホテルマンは、流ちょうに英語で応対をし、アジア圏のお客様抜きにして経営は考えられないという。
日本のお客様は、1泊滞在が多いなか、外国からのお客様はたくさん宿泊し、お金も落としてくれるのだと。

札幌は、恒例の大通り公園でのビヤガーデン開催中であった。
今年は、大いなる人出となっていた。
日本の経済回復も後押しをしているような気がしたが、ここでもアジア圏のお客様が貢献しているという。

白い恋人テーマーパークでも同様。
日本語以外が飛び交う。
それにしても、人知る観光地はこれでもかと人の波である。

高速での帰路。函館に近くなるにつれ、人波が途絶え、ホッと一息つけたような。

函館では、近くの市民プールは安い料金で人がいない。
貸切状態であった。
料金は他県の人で300円、子供は100円。
温泉付きである。

無料の公園は、人っ子一人もいない。こちらも貸切状態。
アスレチックも整備され、川も流れ、広大な広さの公園。
なんとも優雅な過ごし方だと思う。
孫たちは、人人の中のプールや順番待ちの公園でいつもは過ごしているが、この時だけは思う存分満喫しているような。

昔というと笑われそうだが、子供たちも近くの公園や野原で遊んでいたように思う。
子供たちの秘密基地もあり、想像をめぐらしていたように思う。

今は、危険からの回避もあるだろうが、親が付き添い、想像力は養われないだろうなと思った。

観光地でも公園でも、どこでも大人はスマホ。
便利さは否定できないが、子供の一喜一憂の姿は見落とすのだろうな…と不安を覚えた。

世界共通、子供たちの真剣に遊ぶ姿と笑顔は、昔も今も変わらない。
いつまでも、この笑顔がつづきますように。

これから夏休みを取られる皆々様、有意義なお休みを過ごされますように。

投稿メンバー

江本ヒロミ
江本ヒロミHiromi Emoto
神奈川県出身
いつまでもあると思うな親と金。
心も大きく体も大きいが病気は一切無し。心身ともに健康。