20141219寒さが身にしみるこの頃。
早い時期の大雪のニュースに、そうそう冬タイヤに履き替えです。
雪での渋滞は、普通タイヤでおこることがほとんどだという。
迷惑を掛けないためにも、冬タイヤの準備は必要かもしれない。
雪の少ない、神奈川でも。

停電があちこちで起こっている。
電気なしでは生活が立ち行かない現在、冬の停電には準備が必要だ。
暖をとるストーブも電気・エアコンも電気・・・お風呂・こたつも使えない。
生活すべてが電気化となって久しい。
だるまストーブの準備をしているご家庭がどのくらいあるのか。

まだ、準備などと言っていられる地域に居住しているが、【雪災害】は、道路も含め交通が麻痺してしまう。
一人暮らしのお年寄りが増える現在は、生きるか死すかの問題でもあろうか。
地震・地すべり・津波・台風・雪・火山等など、今年はありとあらゆる自然災害に直面したように感じる。
【私には・・・】は当てはまらく、何時でもどこでも起こりうることと認識したいものだ。

12月はボーナス時期。
サラリーマンのとっては嬉しい時期だが、大企業・官庁勤務以外の人々は、嬉しい・・・と思えるのだろうか。
通常ボーナスは、企業努力(会社も従業員も)で支給されるものだろう。
民間企業であれば、ボーナスが払えない会社も多々ある。
今年の公務員のボーナス(期末手当・勤勉手当)は、なんということでしょう。
国民一人あたりの借金818万円 4人家族では3,272万円・・・・?
わおーーー。民間人が家のローンを借りるときの負債と同じ!!
経済ジャーナリスト財部誠一氏の借金時計参照下さい。
http://www.takarabe-hrj.co.jp/clockabout.html

単純に考えれば、民間会社は借金が膨らめば倒産。
その前には、従業員のリストラやボーナスカット・給料ダウンなど当たりません。
国や地方は、国民の税金がおもな収入。
運用し健全に国や地方を導く仕事であろうか。
運用の失敗や年金資金を箱物の投資し、失敗は消せない記憶。
あれ・・・それでも給料はUPし、失敗も咎められず・ボーナス支給はUP。

そして、国民一人ひとりが抱えている負債はこれだけよ・・と叩きつけられてもね。
赤字国家の従業員であれば、赤字続きの企業と同じように、自らの身を削る作業にうつることだろうが。(単純に言えば)

よく言われる一族経営は身内に甘いと言われているが、税金でお給料をいただく人々も、身内に甘いということだろうか。
もちろん日本国の赤字・未来の子らに負債を残さないためには、国民も努力が必要であろう。
が・・・運営者側が【身内に甘い】であれば、そっぽを向かれ、私も私も・・【税金のお世話になるわ】の計算式が成り立ってしまうのだろう。

自民党が圧勝(圧勝というのだろうか?)した。
原発反対の声が多いいなか、原発を抱えた市町村14のうち、11市町村で、自民党が圧勝だった。
この結果は何を意味するのであろう。
原発再稼働賛成であろうか。国民が選んだのだから。

選挙では、バンザイバンザイと喜びを表現する議員の方々。
そうそう、国会解散でも、昔ながらのバンザイバンザイが飛び交う。
問題がある議員も、笑顔でバンザイ。
昔からの慣習ではあるのだろうが、私などテレビを消したくなるのだが。
その中でも、小泉進次郎氏は、笑っている場合でないと言われていた。
本当にその通りで、選ばれた時から、この国をどうすべきがの発言がほしいものだ。

コツコツ生活を営む、多くの国民は懸命に働き税金も支払い、できるだけお国のお世話にならず、自らを律して生きていくことを知っている。
そして、この国はこうゆう国民がいてこそ、大きく復興をなしとげ、先進国と言われる国になった。
しかしながら、いただけるもの頂こう・できるだけ税金は払いたくない・健康保険は湯水のことぐ使わせていただこう・保育園も学費も・・・・みな国税からいただきたい。でも消費税がUPするのは、できればNO。
働くのもほどほど、ブラック企業などなど。我が身が一番の国になりつつあるような。

2014年、残すところ12日 2週間を切った。
最後の最後まで、災害被害で多くの人々が、寒さの中、新しい歳を迎えるような1年になりそうな。
それでも、外から聞こえる多くの子供達の声に未来を感じる。
その子どもたちの未来に為に、私達大人は何をなすべきかを、考える1年の終わりにしたいものだ。

災害に遭われた人々が身体を崩さぬよう祈るばかりであります。

投稿メンバー

江本ヒロミ
江本ヒロミHiromi Emoto
神奈川県出身
いつまでもあると思うな親と金。
心も大きく体も大きいが病気は一切無し。心身ともに健康。