20141209思うままの記載を初めて、5回目の師走を迎えた。
母さんのひとりごとの記載から数えれば・・・
6年が過ぎ去った。
振りかえれば、この6年にめまぐるしく世の中・社会が変わったような。

76円の為替が121円超えの円安。
日経平均株価は、5年前には10.000円前後。
2013年の始まりからじわじわと。今や18.000円前後となっている。

繁栄するものと、下降をするものと大きな差は、どのように私達におおいかぶさってくるのだろう。

人手不足と言われ、閉店の追い込まれる企業もある。
人手不足であれば、生活保護者も減少し・仕事がないという若者も少なくなっていいはずが・・・。

【ビジネス通信 誠】に登録をしているが、ブロガーと言っていいのか、村上福之氏(株)クレイジーワークスの代表が率直な文章を寄稿している。
【貧困と人手不足と若者に仕事が無い問題を思う】

師走の声を聞くと、炊き出しという恒例行事を思い浮かべてしまう。
生きるか死すかという問題であれば、善意の炊き出しは、素晴らしいことだが、働き場所があっても、能書きをたれつつ仕事につかない人々には、善意がつながるのだろうか。

私など、飛び抜けた頭脳があるわけではない為に、一つの仕事を継続してきたわけだが、
【我慢の連続であり・勤勉に・金銭は後からついてくる】
昔ながら方式で生きてきたわけだ。
今時の若者は、自分の能力をお金に換算しつつ、束縛もされず、淡々と自らの仕事をこなし、自由の時間も確保し、少し仕事の量が増えると、ブラック企業と声を揃えて言うのだろうか。
(すべての若者ではないでしょうね・・・)
仕事=収入へ、どうのように導けるか・自ら模索するか。
仕事がない・人手不足は、大きな問題であろう。

麻生太郎氏の発言
【高齢者が悪いようなイメージを作っている人がいっぱいいるが、子供を産まない方が問題だ】
とし、社会保保障負担が増えるのは【子供を産まないから】と指摘し、働く現役世代は3人で一人の高齢者を(支えている)、もうすぐ2人で一人になり、間違いなく税金は高くなる・・・と。
衆議院選挙の応援演説で語ったという報道。

賛否両論だろうが、問題発言と言われ、攻撃の的になっているが、麻生氏の年齢であれば、こう発言するのも有りかな・・と思えるのだが。

よくぞ言ったという若者もあれば、なかには、世の中を動かしているのは老人ではなく若者だと言い放つもの。
※ 老人も老人になる前は、世の中を動かしてきてわけだが・・・・。
若者でも言い分は、それぞれ。
老人を敬う発言をする人もあれば、卑下した発言もある。
子供産めないのは、政府の責任・・・なんとも意味がわからない発言もある。

まあ・・発言の自由もあるわけだからだれでも自分の考えを述べ・公開するのも民主主義。
それでも、品格を疑われるような発言。
先人を敬うことを忘れた発言は、世界には通用しまい。
発言も働き方も生き様も、自分で決断した結果だろう。
だれの責任と他を責めいているようでは、穴蔵の中から這い上がれないものだ。
自分の道は、自分で選び・その責任も自分であることを、正しく知ることができれば、今は、このような生活しかできないが、きっと未来はあるはずであろうと思えるようでありたいものだ。
名を名乗る発言者と名無しの権兵衛さんの発言は、大きな違いがあることも忘れないようにしたいものだ。

街なかの混雑は、やはり師走なような。
2014年の暦も残り1枚となり、気忙しくなってきた。
掃除や片づけだけではなく、自分の心の掃除もしたいものだ。

投稿メンバー

江本ヒロミ
江本ヒロミHiromi Emoto
神奈川県出身
いつまでもあると思うな親と金。
心も大きく体も大きいが病気は一切無し。心身ともに健康。