20130829いつまで続くかこの暑さ(炎暑でありました)と思いつつ、溜息の多いい2013年の夏であった。
それでも、季節は移り変わり、朝晩の空気は冷やっと心地よくなった。
四季を感じられる日本。
コマーシャルではないが【日本って・・・いいな・・】

スマホの是非が問われ、フェースブックやツイッターが炎上し、こちらも是非が問われている。
電子機器の移り変わり、スマホが浸透してきたことにより、ビジネスでも個人でも使われている方は多いい。

その陰で、デジカメ・音楽プレーヤー(携帯)・ゲームなどでも、企業の撤退が相次ぐ。
そうそう、カーナビもスマホに侵食をされてきた。
電子書籍機器もしかりである。
多機能携帯電話は、便利ではあるが、企業形態まで変えつつある。
多くの企業が下方修正を余儀なくされている。

SNS(ソーシャルネットワーキング)は、子どもたちの世界でも使われている。
http://e-words.jp/w/SNS.html←ご参考に。
今までの友達関係に変化を与え、犯罪までに至ることも報道で知る方は多いいだろう。

便利な機能を使い、楽しんでいる人も・ビジネス展開を成功させた人もいるだろう。
【いいね】のカウントほしさに、手が加えられ、発信の意味が、自己満足の世界へと。

【通常のブログに戻したよ】と言われる方は、【時間】という貴重な時を再認識しているという。
すぐ対応という反応は、大人も子供も時間泥棒されているのかもしれない・・・。

発信される世々な事柄に、振り回されることは・・・・自らを失うことであり流されていく自分を止められなくなる。
これが一番怖いことだ。
スマホを使っている時間の統計をとることをぜひともお勧めしたいな・・・と老婆心ながら思うのであります。

他国では、政権を変えるほどの意義もあった。
この国は、ソーシャルネットワークの使い方を正しく理解しないのかもしれない。
コンビニの冷蔵庫に入り込み写真を流す人々・飲食店を閉店に追い込んだ人・犯罪の使われてしまったもの・・・・まあ・・最新技術を屈しして、何とも情けなくなる。
子どもたちの夏休みも、もう少し(すでに、二学期が始まっているところもあり)。
子供の声が聞こえない夏休みであった。暑さのせいもあるだろうが。
セミの声だけが、耳に残っている。
公園では、禁止になっている遊具や規制事項が多く、子どもたちの自由を奪っている。
賠償責任ということが、日本にも浸透をした。
すぐに【責任の所在を問う】時代になった。
公園管理者は、規制をしないわけにはいかなくなった。
とある地域で、お母さんたちが立ち上がり、公園での自由を勝ち取った。
【骨折などは、少なくなりました。 小さなキズは、増えましたよ・・】
と笑顔で応えるお母さんに乾杯である。
自分の子供の責任は、親にあり・・・・の実践でもあるような。

【99歳のホームレス】がニュースで報道された。
1年前に、子どもたちがホームレスの家に火をつけ、長い年月暮らしてきたブルーテントは灰に。
なけなしの30万円も灰になったと。
不祥事を起こした子供の学校の先生が尋ねると、99歳のホームレスは「子どもがやったことだから」と言ってのけた。

いま時【子どもがやったことだから】と言う言葉を使える人がいるのだろうかと考えた。
大人とは子どもに対して、【叱ること・注意をうながすこと・指導を行うこと・共に共感すること・許すこと】・・・だろうか。
過去に戻れば、ずいぶんと大人に許されてきたな・・・と自分自身も振り返られる。

しかし現代は【見て見ないふり・注意もできず、陰では、子どもへの批判・子どもであろうが許さない】・・・かな・・・・。
時代の変化もあり、犯罪につながることもあり、すべてを許す時代ではなくなったことは事実かもしれないが。

99歳のホームレスのお方は、生活保護を受けるでもなく、自らの力で生活をしている。
住んではいけないところに、住居を構えているとなれば、世間は是非を問うだろうが、生活保護を不正に受給したり、いただいた月々の費用を、遊戯や飲酒に使い果たし、病気になれば、無償で病院へ。
生活保護者を自らの利益となるようなビジネスの展開をしているお方。
もっと言えば、国や市町村からいただけるものは、頂いちゃおうかな・・・・・という普通の人々。

国民一人一人の借金は、870万円でしたか。
家族四人であれば、3,480万円の借入金、国は、1100兆円の赤字・・となれば、税金を収めるのは少なく、いただけるものはなんでも受け入れますよ・・・というお方と、税金も納められないが、いただくものもいただかない、ブルーテントのお方と、この国に必要な国民は、どちらなのかな・・・・・。
それぞれ諸事情があるわけで、くらべようが無いかもしれないが、99歳 ホームレスのお方の生き様を支持したくなる。
年を重ねた証拠かな・・・私も。

さあ・・・消費税率upの議題が、有識者の方々論議が始まった。
秋には、国会で論議だろう。
国民にとって一番公平な税金・・・さあ、どうなるやら。
じわじわと値上げが、財布を直撃しはじめた。
値上げはしないが、あれ・・・小さくなっていると感じる食べ物もある。

高校の授業料無償化 910万円以下・・・・との報道もあった。
世帯合計の年間所得という。
核家族化が進み、弊害を取り除くために、昔のように家族が寄り添うことを推奨し、挙句には、世帯の収入、多いいでしょう・・・。
あなたには、該当しませんよ・・・・・ですか。

収入の多いい人々が、沢山の税金を支払っている。
税金を払っている人々は、大声をあげて叫ばない。
しかし行動は早い。
その人々の海外流出は、日本に何を残すのであろう・・・。
日本というこの国に、抜本的な策を講じられないものだろうかと思うこの頃でもあります。

夏の終わりの雑感でした。
実りの秋。
店舗には、新米が出回るようになりました。
暑さからの疲れがでるのも、9月ですね。
皆様、ご自愛くださいますように・・・・・・・。

投稿メンバー

江本ヒロミ
江本ヒロミHiromi Emoto
神奈川県出身
いつまでもあると思うな親と金。
心も大きく体も大きいが病気は一切無し。心身ともに健康。