20130809今年も北海道を訪れてきた。
本州と同じように、やはり暑いが、冷房なしでもなんとか暮らせる。
朝晩の涼しさは、ホット安らぎを与えてくれる。

観光で沢山の人が訪れている。どこのお店も人だかりができている。
その中でも、なるほど・・・繁盛するわけだと思えるお店がある。

大沼公園近く、5号線沿いに、【ケルン】というお店がある。
かって、ご紹介をさせていただいたが。
10年近く利用をさせていただいているが、毎年、ますます繁盛をしていく。
店主ご夫婦・接客従業員3名。それでも、地方では来店者の数は多いいと思う。

ある時を期して、息子さんも厨房にたち、奥様はお店から姿が見えなくなった時期があった。
今年の夏は、厨房で手際よく仕事をしている奥様の姿をみることができた。
その仕事ぶりは、1人で3人分の仕事振りだ。見ている方が気持ちよくなる。
従業員の数も、ホールで3名増え・厨房で老年期のお方が3人働いていた。

昔、5人でお店を切り盛りしていたが、今や、13人ほどが働いていいた。
AM11時30分開店、私はAm11時45分到着・・・・。
お店は、あと1席を残して、埋まっていた。運が良い。 60人が席に着いていた。
店内の座席72名は座れるだろう。
お二人連れのお客様もおいでの為に、60人でテーブルは満席。
どこのお店も、お二人席があるか、この店は、お二人様席は無い。

開店より15分過ぎ着席した私たちは、食事が運ばれてきたのは、12時40分。
着席後、約1時間だ。
店内には、順番を待つ人が、溢れんばかり。
外にも、まだかまだかと待つ人の他に次々と車が入ってくる。
1日で何人のお客様がおいでになるのか・・・・。
少し前、私は2時間待ちの時もあったことを覚えている。

厨房で黙々と働く人は、どのくらいの時間を働くのか・・・気が遠くなるようだ。
ワイワイガヤガヤというお客様の姿は見えない。静かに食事が運ばれるのは待っている。
昨今、土日はPM8時まで営業と看板に書かれていたが、少し前まではPM7時までの営業であった。
通常日はPM6時で終了だ。

毎年お世話になる、冨原農園のご夫婦。夏場は、デパートにお店をだしている。
お父さん、80歳近くになる。お母さんに71歳になるのだろうか。
家業は農家だが、時代に合わせて工夫をしている。
最近は、お客様が、農作物より加工されたものを好むようになったと。
【ゆでトウキビ・湯で枝豆・お新香・梅干し・おもち・・・などなどの加工品】

頂いたゆでトウキビを下げていると・・・「どこで買ったのですか・・・」と地元に人に尋ねられた。
何人もの人が、購入されていた。

もともとは函館の朝市で野菜の販売をしていたが、時代の波で販売先を模索し、スーパーやデパート・大きな船が寄港すれば、その船の中でと販売経路を模索している。
冨原さんは、販売だけではなく、作物を育てているわけだ。
農作業・加工食品作り・販売経路の模索・販売・主婦・・・・何通りもの仕事をこなしている。

大企業となれば、配偶者は前面にでてこなくてもすむが
こじんまりとした商売でも農業でも、女性の力なしにして商売は成り立たないな・・とつくづく思った。
【働きものの嫁さんだね・・・】昔は、あちこちで聞かれてものだ。
(ちょいと古過ぎないかい・・・と言われそうだが・・・)
主を支える女房の陰の力は大きいな・・と。

神奈川に戻り、歯医者へ。
女医先生、還暦間近になった。こちらも働き者の仲間かもしれない。
治療中によもやま話。「働きながら。子育て。お弁当を作りたくないな・・と思う時もあったが、
自分の母に、私もお弁当を作ってもらった。その母が、私に接してくれたことを
自分の子供にも、ちゃんとしようと思うよね。仕事しながらでもね

ホント、母は偉大だよね・・・・・。女性の力とは、本当に偉大だと思う。
昔むかし、【嫁にもらうのは、その母親を見れば良い・・】と言われたこともあったなどなど・
古い人間同士・職業をもつ人間同士の古くて・・・本当は新しいことかもしれない。
他愛もない会話であった。

今時、【陰で】なんて言葉は死語になりつつあり、【私が私が・・・・】の時代なのかもしれない。
【私が私がの時代に、陰で支えることの理解がある女性がいるとすれば、それは宝石のような輝きと、貴重な人間かもしれない】
この貴重な人間(女性)が、この先の未来を紐解く鍵かもしれないな・・・と
3人の女性から垣間見ることができた。

若い人でも、輝いている女性はいる。 前者の3人は、いぶし銀のような女性かもしれない。

※飛行機を降りる時、その席にすわっていた人を垣間見る瞬間がある。
毛布や枕をお借りし、その返却の状況だ。
きちっと畳んで座席に置かれる方とまるめたままで放置する人。
せめて、女性はこうあってほしくない。
まして、夏休みは子供連れのお方も沢山搭乗なさる。
母親の姿は、将来のお子達の姿・・・なのではと。
老婆心ながら。男性なら致し方ないと諦めもつくが、女性では・・・・ね。

投稿メンバー

江本ヒロミ
江本ヒロミHiromi Emoto
神奈川県出身
いつまでもあると思うな親と金。
心も大きく体も大きいが病気は一切無し。心身ともに健康。