寒くなってきました。
季節はめぐる・・・であります。
夏は暑い暑いとなり、冬になれば寒い寒いとなる。
四季を楽しむどころではないようにも思えるが、落葉樹の葉が最後までしがみついている様は切なくなるような。
我が家に隣接している遊歩道の木々を窓辺から眺め、最後の1枚の葉がくるくる舞いながら落ちていく光景が大好きでもある。
木々の蕾が、この寒さをしのぎながら春に向けての準備をしているわけだ。
季節に応じてコツコツと、草木であれ自らの生命維持に余念がなく、一年草であれ年輪を重ねる木々でさえ、自らを律して文句も言わず佇む姿は、凛々しくも思える。
ここにも5W1Hに当てはめると生命を感じるわけだ。
そう考えると、私たちは四季を感じつつ1年1年過ごすわけだが、個人・家庭・社会・国と考えれば、草木より次元が低くなりつつあるのだろうかと考えてしまう。

今年の暦も、残すところあと1枚。
師走に衆議院選挙だ。
各党派・立候補する方々の演説は熱く語られているが、聞けば聞くほど頭の中は混乱をしてしまう。
マニフェストの誹謗中傷で演説は成り立っているように思えるのだが、具体論で演説ができるお方はでてこないのだろうか。
・デフレ問題の解決方法(日銀がどうかかわっていくのだろうか)
・自衛隊の問題(自衛権を持つか持たないか。それはなぜなのだろうか)の賛否
・原子力発電の賛否・TPP参加の賛否・消費費税の賛否(増税か減税か)
・憲法改正・護憲の賛否・大きな政府小さな政府の賛否
・日米同盟堅持・対等な日米関係等など…。
どれも正しくあり、解決しなければならない事柄に関して、多くの意見や考え方があるのは当然のことであろう。
あくまでも民主主義国家であれば、個人の尊重があるのだろうが、【物事を決める】には意見の言い合いだけでは改善の余地はうまれないだろう。
計画的に物事を推し進める。
わかりきったことが出来ないのはなぜなのだろうか。

【5W1H】
Who(誰が) What(何を) When(いつ) Where(どこで) Why(なぜ)したのか。
日本は1Hが加わり、How(どのように)。
これを6法の法則と言われているが、仕事でもニュースの原稿でも、ことに当たるときには当てはめるとわかりやすいと習った。
声高にマニフェスト論争をしたり、揚げ足を取り合ったりするのであれば、もっと数式に当てはめた考え方を討論しあい、解決策を見出すことに知力を注いでほしいわけだ。
5W1Hもない議論などは、信じたくても…なかなか信じることは難しい。

国民は原発に関して、再稼働か原発ゼロか、最稼働の意義は、原発ゼロの意義は。
原発に変わるエネルギーは天然ガス・火力発電・地熱・太陽光発電・風力発電・水力発電などがある。
現時点での数値は~であり、すべての数値が揃うには何年何月である。
原発賛成論には現在のデーターがあり、どうしたら安全と宣言できるかをいつまでに公表をします。
その結果の議論のはずが、原発再稼働反対・賛成の声だけが独り歩きをしているように思える。
どう納得すれば良いのか、私は数値がでなければ賛成の声も反対の声もあげられない。

家庭では、夫が子育てや家事仕事を手伝わない。
その理由は何?
「うちの夫なにもしないのよ。私も働いているのに。イヤになっちゃう」
「そうよね。うちもよ。稼ぎが悪いから私も働かなければならないのに…ね」
「今度ランチ行かない?忘年会しようよ…。コストコ安いよ。いつ行く?」
これが普通の会話でしょうか。
女性の大変は、自分の事は当たりまえ。夫のことは大変!!なにかも。(女性に嫌われそう…)
ハイハイ、私が答えるとすれば、
【ご主人は大きな仕事を任されて悩んでいるのかもしれないよ!!
中傷している妻よりも給料は多く、家族を路頭に迷わせない為に悪銭苦闘しているのかも。
今の時代、リストラや企業の破綻や自ら勤務している会社がどうなるかわからない時代、男性は多くは語らないが苦しみがあるのでしょうね。
企業は厳しい時代ですからね。
ところで、妻は幾ら働いているの?
「私は、扶養家族範囲だから、年間130万円くらいかな」
ご主人のお給料は?
「450万円ぐらいかな」
130万円を働くことは大変ですか?
「大変ですよ…」
ご主人様は貴女の約3.5倍の働きをしているのですが、貴女はご主人と同じだけの給料が稼ぐことはできますか?】
たいがいの女性は、【無理】と答えます。
【働かなく、ギャンブルや呑んだくれていて何もしないご主人であれば、ひとことふたこと言いたい時もあるでしょう。
男性は、家族を養うという大きな責任を感じているのでは。
妻に文句を言われながら…。
それでも、子供は大きくなっても母が一番なわけです。
子供は夫婦がいて授かるものですね。ご主人様がいて可愛いお子さんがいるわけですよね。
貴女はご両親に対していかがですか?】
「母親とは、よく出かけますね。話も良くしますし、やはり母親ですね。仲が良いと思いますね。
貴女のご主人様が、ご主人様のお母さんと仲良しであれば貴女はなんと思われますか。
「マザコン…ですよね」
と多くの女性は言われます。
マザコンとは【母親に対して子供が強い愛着・執着を持つ状態を指す】と書かれていますよ。
あなたは女性ですがマザコンですか?と。
夫の中傷は自らの行動を考えて発するものですと話すと、多くの女性は考えてくださいますが、責任のない発言が多くの家庭をダメにしている現状も、やはり具体的な考え方で話すことが欠けているのでしょうね。

すべてが論理に基づかないところでこの国は生き続けていることが、問題の解決を遅らせているようにも思えます。
・同居がうまくいかない。その理由は?
・妻の浪費が泊まらない。その理由は?
・子育てが上手くいかない。その理由は?
・料理ができない妻は。その理由は?
・離婚したい。その理由は?
・夫への不満はなに。その理由は?
それぞれの理由を聞かずに、当事者だけの話では何も解決できないわけだ。
ここでも5W1Hに当てはめてみれば、理解は深まるはずでは。

こんなふうに、個人・家庭・社会・国であれ、反対・賛成だけでは根拠があるわけではなく、相手の誹謗中書だけでは真実はわからず、一方通行の話に同調はできず、論議・数値・5W1H…その中での論争であれば、誹謗中傷ではなく罵り合いではなく、具体論としての論議となり、結論までの導くことができるのだろうと、私個人としては思えるのだが。

この国に生きる人々皆が、賢くありたいものだと思う。

投稿メンバー

江本ヒロミ
江本ヒロミHiromi Emoto
神奈川県出身
いつまでもあると思うな親と金。
心も大きく体も大きいが病気は一切無し。心身ともに健康。