暑い・湿度高し。
北海道も、本州と同様に湿度が高い。
【さわやかな夏・北海道】などと言っていられない。
一般家庭では冷房を付けている家は少ない。
暑い…冷房ONと言えない夏は、ひたすら我慢である。
本州とことなり、長~く暑さが続かないのが幸いだが、年々暑さが増してくる。
「北海道、いいな…」
と言われるが、気候の変化は快適ではない北海道になりつつあるような。
それではと、冷房のきいたホテルへ脱出を試みた。
最近、ホテルの部屋が明るいことに気がつく。
雰囲気のある部屋とはことなり、夜でも家と同様な明るさが、仕事を持ち込む私にとっては快適な空間になっている。

この時とばかり、函館の朝市に出かけた。
AM8時、ホテルを出て3分。
そのまま朝市での朝食。
人の波であった。
こんなに混雑している函館の朝市に足を運ぶのは久しぶりだ。
お店の人々の掛け声も、いつになく元気だ。
賑わいのある観光地の姿は、なんとも心地良い。

懇意にしている朝市の農家のおばちゃん「Tさん」はこの暑さで、
「やる気が起こらないの…」
と、独特なイントネーションで話された。
畑で作物を育て・収穫し・販売まで手掛けて、朝市の歴史と共に歩まれてきた方が、はじめて「この暑さが辛い」と言われた。
販売もただ出来た農作物を売るだけではなく、トウキビを茹で・漬物や梅干し・饅頭と、収穫した品々を使って加工し販売の工夫をしている。
お客様が何を求めているのかを理解しようと努力し、農家の経営も考えられる。
スーパーやデパートで直販も行っている。
(販売許可は、飛び込みで商談を行っていると)
Tさん68歳の年齢を考えると、まだまだ創意工夫をするぞという意気込みを感じられる。
「負けていられないね。頑張らなければ」
と口癖のように函館言葉で言われる。

それに比べ、ツイッターではああでもないこうでもないと飛び交っている。
北海道長万部のキャラクター「まんべくん」がつぶやいた。
Yahoo!ニュース
この事柄に苦情の電話が殺到、と報道された。
芸能人の発言がある度に、すごい勢いでコメントが書き込まれると。
ツイッターのつぶやきが連鎖され、一つの国が動いたこともある。
ツイッターの非難をしているわけではないが、日本の国はどうでも良いことにはまとまり・真剣になり、本当に考えなければならないことにはなかなか向き合わず真剣に考えないのだろうか。
どうせなら、年金の一本化とか政治はとか日本の国が良くなる為にとか…、ツイッターのつぶやきで炎上すれば良いのにと思う。
まともな議論はできないものだろうか。

日本人は、Tさんのように何もかも受け入れ、決して時代やまわりの責任せず努力する人種だったように思う。
言うことだけは誰にでもできる。
言ったことをやり遂げることが重要だと思うが。
Tさんの年齢のサラリーマン家庭であれば、ゆったりと残りの人生を過ごしているだろう。
自営業のTさんは「まだまだ」と言いながら農業で創意工夫を行っている。
そう言う私も「まだまだ…」そう思い暮らさなければ。
それにしても、暑い夏だ。

投稿メンバー

江本ヒロミ
江本ヒロミHiromi Emoto
神奈川県出身
いつまでもあると思うな親と金。
心も大きく体も大きいが病気は一切無し。心身ともに健康。