【暑い】という言葉を使うほど【暑い】は増してくるが【暑い】の言葉が自然に口をつく!!
夏バテをしない為には、食であろうか。

未曾有の災害から、またまた問題。
お肉が、原発問題でメディアをにぎわせている。
騒ぎすぎだよという人もあれば、慎重にならなければとそれぞれだ。
焼肉は、先だっての【ゆっけ】問題から、少し落ち着きを取り戻した矢先であろう。
多くの焼肉店では、売上減少に陥っているとのこと。
夏はスタミナを付ける為にお肉!!定番になっていた。
今年の夏は、どうなるか。

暑いと思うだけで、疲労を覚える。
夏は汗をたくさんかき、ビタミンやミネラルが体から失われてしまい、その補給をしないと体力が落ちて【夏バテ】になると言われる。

疲労回復といえば、やはり食事と適度の休息だろう。
夏バテを防ぐ食材は、梅干しや、レモン、お酢で疲労物質の乳酸を分解。
ビタミンB群の豚肉・ウナギー・レバー・貝類。
タンパク質の大豆類・卵・魚・牛乳。

夏バテもせず、食欲も落ちない私の食事は?と考えてみた。
豚肉・納豆・豆腐・卵・梅干し・豆類(夏はだだちゃ豆)・ゆず(手作りジャム・ゆず茶)・ゴーヤのジュース・アスパラ・カボチャ・ぶり・サバ・たらこ・海苔・昆布・わかめ(頂き物が常にいっぱい)。
生姜と茗荷・ネギ・かいわれのみじん切りでつくる薬味。
料理では、カレー・餃子・豚シャブetcの豚肉料理。
カレーには、豆類も入れるよ。
魚貝のカルパッチョなどなど(野菜たくさん)。
夏バテしないはずだ。

夏バテ防止・解消のメニュー&食材 – 夏バテ防止、対策&解消法!

健康でなければ、何もできない。
食べ物は、体の健康だけではなく、精神の健康にも影響をするという。

【衣食満ち足りて、礼節を知る】と言う諺が真実であれば、今の日本は、衣食満ち足りていないのだろうか。

料理は、大好きな人達に【美味しいものを食べさせたい】そんな思いだろう。
この人の好きなものは何かな。この人はこの料理が好きだから。
こんな思いで、女性は料理をするのだろうか。
もちろん、偏りのないよう料理の工夫をしながら。

美食でなくても、平常通りの3食が、心満ち足りればいいわけだ。
お肉を食べたいな…と思う時は、体がお肉を要求している。
野菜が食べたいな…と思う時、甘いもの食べたいな…、美味しい刺身が食べたいな…。
みな体が要求しているわけだ、
でも、食べすぎは禁物かも。あくまでもバランス良く。
人様には、言えない私だが。

今年は長い夏になりそうだ。

鶏肉と豚肉と牛肉の栄養素比較

農林水産省/「食事バランスガイド」について

投稿メンバー

江本ヒロミ
江本ヒロミHiromi Emoto
神奈川県出身
いつまでもあると思うな親と金。
心も大きく体も大きいが病気は一切無し。心身ともに健康。