2009年 政権が交代し、ほんの少し希望を持つことができました。
長い目を持って政権の交代を見守りたいと考えている人、もう駄目だよとサジを投げている人、と考え方は多種多様だと思います。

私には、新聞や報道のように難しく語ることはできません。
一市民として、国や市政が行っていることを変えることもできません。
あくまで個人としての疑問や考え方を書き綴ってみました。
また自らが【知る】という努力を怠ってはいけないと思います。

(1)昨年、実施された子ども手当
子ども手当の財源は、国税である所得税と配偶者控除の廃止をすることで確保すると言われていました。
1月の給料明細を見ると、これは事実となりました。
2011年度は、全額支給と国は報じました。
全国市町村の中には、地方負担はしないと断言をし、国が提示した子ども手当が実行できるかは、全国市町村それぞれでの動きが異なることを明言されてきています。
神奈川県では、【新たな子育て支援・神奈川方式―「米百俵の精神」を神奈川から実践する】を掲げました。
下記URLを参照下さい。

神奈川県HP

自らが生活する自治体の方向性を知る必要があります。

(2)相続税にかかわること
相続税などは、ある一部の人の問題、と多くの人が思っています。
今年変わるであろう相続に関することは、配偶者16,000万円までは無税は動きそうもない。
5,000万+1,000万×相続人数(4人)=9,000万円が全財産から控除され、残った金額に相続税がかかっていた。
改正されると、3,000万+600万×相続人数(4人)=5,400万が控除額となり、この差は3,600万円。
改正案では、相続課税対象者は2倍になるだろうと言われている。
【例えば遺産9,000万円 相続4人】
現行では、9,000万−(5,000万+1,000万×4人)=0万が相続課税対象。
改正案は、9,000万−(3,000万+600万×4人)=3,600万が相続課税対象。
現行では相続税0円。改定案では課税が5,000万以下であると20%の税率。
(その他控除金額や計算方法がありますが、ここでは省略致します)
相続税が改正されれば、土地(評価額が高い都会)や現金・生命保険・その他財産を理解しておかなければならない。
下記URLを参照下さい。

国税庁HP

(3)今年の改定事項は下記案件もあるようだ。
○ 給与課税の見直し
○ 退職金課税の見直し
○ 金融証券税制
○ 成年扶養控除見直し
私には無関係かな…と思われることが、法律・税制などの改定案件ではじわじわと個人に降りかかってくることがある。
【どういうこと?何を意味しているのだろう?】と考える力を持ちたいものだ。

(4)【家を購入したい】という若きご夫婦の話
不動産会社で、3,500万~4,000万円の借り入れが可能と言われた。
年収は500万円(夫一人の収入で)借り入れOKだと。
年収500万円で、実際に使える金額は?
手取りということですか?
所得税や年金・その他必要な金額を引いたものですよ。
年で言えば、400万円ぐらいです。
その他、ローンなどはないですか?
車のローン月4.5万円・教育ローン3万円・パソコン・その他6,000円。
年間の支払いは、972,000円。まだまだありそう。
現在固定経費で年間120万円ほど。
年収500万−100万=可処分所得400万(年)
400万−120万(現在の固定経費)−108万(家賃)−120万(光熱費・食費・生活雑費)
その他(携帯電話18万・ガソリン代・交際費…etc)
住宅ローンは家賃より多く35年払い。貯金0円・頭金なし。
多くの人は、可処分所得で住宅費を算出しない。
売り手の不動産会社は、売れれば自分の手元を離れる。
【人間よ・賢くあれ】
本当に大丈夫ですか?
この先、再度の入院はありませんか?
贅沢な車が欲しくはならないですか?(年齢の割には高額な車です)
お子さんが生まれる可能性は?
ガソリンの値上げや生活費のUPは考えていますか?
ある日突然会社が倒産とか転職を余儀なくされることを視野に入れていますか?
年収がUPする可能性はありますか?
こんな会話をした。

不動産を取得できる喜びは誰でもあるだろう。
その中でも、世の中の移り変わり・現状の社会・自らの状況をきちっと判断できる人がどのくらいいるのだろうか。
上手に持ち上げられて家を購入し希望に満ちて暮らしていたが、そのあとのしっぺ返しを沢山見てきている。
貯金もできない生活をしている人は、計画を立てないからローンを沢山組む。
家のローン・車のローン・買い物でのリボ払い・旅行のローン・補正下着のローン・化粧品のローン・家電のローン・高額着物のローン・携帯電話機器代金を月の使用料に上乗せしたローン…etc。
物は手に入り豊かになった気分にさせてしまうローンの怖さ。
欲しいなぁ…という気持ちは誰にでもある。
A:欲しいものは、ローンでも手に入れる。
B:欲しいものを、節約して手に入れたい。
欲しいものを手に入れる行為は同じでも、AとBでは天と地の差がある。

昔の人は言ったものだ。【身の程を知れ】と…。

投稿メンバー

江本ヒロミ
江本ヒロミHiromi Emoto
神奈川県出身
いつまでもあると思うな親と金。
心も大きく体も大きいが病気は一切無し。心身ともに健康。