相模原のファイナンシャルプランナー(FP)として生命保険・損害保険・資産運用・相続・事業継承・住宅ローン等の相談にも対応する総合保険代理店

資産運用のご相談

  • HOME »
  • 資産運用のご相談

ご相談例

投資信託や変額年金をすすめられたけど大丈夫? icon_tyokin普通預金や定期預金ではお金が増えない!
どうやって運用したら良いかわからない! 教育費の準備は学資保険でいいのかな?
icon_myhomeできるだけリスクを抑えお金を増やしたい! 老後資金の準備をしたい?
少額からでも資産運用はできるのかな? 確定拠出型年金(401K)を会社でやってるけど、何?
NISAはやったほうが良いのかな?

資産運用の考え方とポイント

資産運用で大切なのは、2つあります。
1つは期間を分けて運用できるお金を決めることです。
2つ目は「2つのお財布」を持つことです。

1.期間を分けて運用できるお金を決める

毎月貯めているお金・今現在貯まっているお金の目的を決めましよう。
短期・・・1年から3年に使うお金 例)旅行や電化製品の購入
中期・・・3年から10年に使うお金 例)車の購入や家のリフォーム
長期・・・10年以上に使うお金 例)教育資金準備や老後資金準備

investment01

2.2つのお財布を持つ

1つはすぐに現金にできるお金。例)普通預金・定期預金
2つ目はすぐに現金化せずに運用できるお金

investment02

上記をしっかりと理解し、現金に出来るお金と運用するお金を色分けしましょう。

お金を少しでも増やすためには資産運用は重要な手段です。
ところが、お金が減ってしまうリスクもあります。
このリスクを下げながら、運用効果を生むためには工夫が必要です。
ご自身の将来の計画を崩すことのないように、お金を増やしてきましょう。

しっかりと色分けできたら、運用する金額を決めましょう。
10年以上の長期に使うお金が運用に向いています。
最初は少額からスタートしても良いでしょう。

大きく思えるリスクも3つの工夫によって下がっていきます。

  • 長期・・・長い期間の運用により、リスク幅が下がる
  • 分割・・・一括で運用するのではなく、毎月一定額で運用する。
  • 分散・・・一つの運用先ではなく、複数の運用先を選ぶ

国際分散投資がお金を増やすコツ

お金の分散方法は国際分散投資が大きく増やすコツと言われています。
沢山の運用先の中で、迷ってしまうかも知れませんが、「値動きの異なる投資対象」を選ぶ事が分散効果を得られます。
同じ業種や同じ国といった、値動きの似たもので運用すると大きな効果が得られません。
日本株・日本債券・外国株式・外国債権とできるだけ、値動きが異なる組み合わせをすることが重要です。

investment03

どんなもので運用すれば良いのか検討がつかない!

と思われると思いますが、私たちと一緒に勉強していきましょう。

資産運用は始めることがゴールではありません。

リスクを下げてお金を運用するには定期的なチェックが必要になります。

  • 分散した投資先を選択しなおす。
  • 分散した投資先のバランスをもとのバランスに直す。(リバランス)

資産運用の目的達成には長い時間が必要です。
長期運用するためには、有益なアドバイスをくれる専門家をパートナーに作ることをお勧めします。

ネット de 保険

スマホで簡単申込
1日単位で掛ける
自動車保険
スマホからどうぞ
ネットで申込み
海外旅行保険
リスクに備える
自転車保険
トラブルを対処
ゴルファー保険
忘れず付けよう
バイク自賠責保険
インターネット上で契約手続きが可能な商品については、会社方針で三井住友海上火災保険株式会社の商品をご案内しています。
facebook
Google+
twitter

Access Count

  • 155067総閲覧数:
  • 180今日の閲覧数:
  • 351昨日の閲覧数:
  • 53122総訪問者数:
  • 97今日の訪問者数:
  • 131昨日の訪問者数:
PAGETOP
Copyright © 有限会社 you企画 All Rights Reserved.